JavaScript が無効になっているよ!

GAE を無料で

 ·  ☕ 2 分(読了時間)  ·  🐨 Puliyo

2020年更新 - 無料で使うことは不可能になりました

2020年1月、世界に激震が走る。

Google CloudがIP に対して課金をし始めた。

インスタンスに外部IP をもたせたいものならお金を払えと。

額は少量で月200~300円ほどだけど無料で使うことができなくなってしまった。 無念。

以下、更新前の記事

小さいサイトをホストするには Google App Engine が最適。

というのも、無料だから!

無料枠を超えないために、以下の対策を行える。


app.yaml


default_expiration と expiration

- url: /css
  static_dir: public/css
  expiration: "7d"

- url: /js
  static_dir: public/js
  expiration: "7d"

expiration エレメントを指定してコンテンツをキャッシュしてしまおう。

キャッシュすれば余計なトラフィックやにインスタンスを抑えれる。

注意したいのは、キャッシュはグーグルの様々なサーバー(Proxy等)にもキャッシュされてしまうので、期限切れになるまで更新した内容を閲覧できない場合がある。

デバッグでは低い数値を指定しておきたい。

automatic_scaling

automatic_scaling:
  max_instances: 1
  max_idle_instances: 1
  min_pending_latency: "3000ms"

無料枠ではインスタンスのアップ時間が指定されている。

Google はデフォルトでは状況に合わせ自動に余分なインスタンスを上げてしまうため、上記エレメントで制限する。


コスト上限


Cloud Console でコストの上限を指定することができる。

上限を指定することで、確実に無料枠に抑えることができる!

参考リンク.

また、budget alert 設定することでコストがある使用料に達したとき自動的に通知してくれるようになる。

シェア
支援